仕事で役立つ

英語

グローバル時代で活躍する

グローバル化が進む現代の様々なシーンで使用する語学が英語なのですが、これは幾つか種類があります。英語と聞くと、多くの人が思い浮かべるのがアメリカ英語でしょう。アメリカは規模が大きくて、日本ともかかわり合いが大きいのですから当然だとも言えます。しかし、実は他にもイギリス英語などもあるのです。「アメリカ英語」と「イギリス英語」それぞれ微妙に発音や意味が違うという点が特徴なので、英語を学びたいという方は違いを把握しておくと良いかもしれません。ちなみに、日本でビジネス英語として使用されるのはアメリカ英語だそうです。そのため、ビジネス英語を身につけたいのであれば、アメリカ寄りの発音について学ぶのも1つの選択肢です。

アメリカ寄りのビジネス英語

ビジネス英語としてアメリカ寄りの発音を身に付けたいのであれば、「R」をしっかりと発音できるようにしておくと良いです。なぜなら、アメリカ英語は「R」を発音することが多いからなのです。しかし、「R」はきちんと顔の筋肉とお腹から発生する必要があります。日本人はRやLの発音に慣れていない方が多いので、初期の学習者は発生に苦労する方が多いでしょう。正しい発音方法を身につけるためには、ネイティブの会話などをよく聞くことが有効的です。最近では、スカイプなどで気軽にネイティブや英語教師の教育を受けることができるので、正しい発声方法についてレクチャーしてもらうと良いかもしれません。英会話教室でも良いですよ。

Copyright© 2017 英会話スクールで英語の力を高める|英語を学ぶポイント All Rights Reserved.